読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を掴む幼児教室を開きたい中学生のブログ

1人の中学生が「人生って最高!」と言えるように毎日を考えるブログです。

My life is aiways happy

I recommend reading these!

恋愛と愛情の区別を中学生なりに考えてみた。

こんにちは、アザラシ小町です。

テスト真っ最中のくせにブログ書いてるやつ←

前記事で道徳の続き書きますって言ったのに違う記事上げるやつ←

許してください。このテーマ書きたかったんです。

(道徳の記事行き詰ってるなんて言えない)

 

さてさて、今回のテーマ「恋愛と愛情の区別」に移りましょうか。

 

中学生にとって恋愛というものは身近にありましてですね、

同級生みんなキャピキャピしてます。うん。

私は、それについて黒みどりと議論を交わしています((おかしい

いや、私もね、数か月前まで恋愛してましたよ。

普通に思春期の中学生女子でしたよ。

でもね、失恋したんです。正確にはそう仕向けたが正しいんですけど、付き合っていた同級生と別れましてね。

長かっただけに少し寂しい気持ちもありました。

私の心の彼の部分が一瞬で消えたんで、自分でも驚くくらいに。

まあ、そんな話は置いておきまして。

一応、恋をしたことがあるので恋愛感情を抱いたことはあります。

ですが、今の私を満たすものは恋愛感情ではありません。

愛情です。

なにが違うかって??そんなものわかりません。

でもね、感情を具体化して並べてみると、なんとなく答えが見えてくるかもしれません。

恋愛感情

説明がつきませんw誰か教えて。

愛情

その対象のすべてを受け入れ、愛している。

 

語彙力無いなあ・・・(´・ω・`)

どうしよう。伝わってない気がする。

これは具体例を挙げるしかないようだ…。読み飛ばしてOK。

 

具体例と言いましても、稀なケースだと思います。

皆さんは「ソウルメイト」をご存知でしょうか。結構有名ですね。

直訳して、「魂の友」です。互いに、生まれ変わるなかで深くかかわっている魂レベルの友人。

私は、このブログで度々登場する「ネコネコ、メガネん、黒みどり」

がソウルメイトだと思うのです。

三人とも、私の人生に大きな変化をもたらした人物です(私の夢も、この子たちの存在があったから)。

男の子も含まれるグループですが、パーソナルスペースは家族並みですし、一緒にいるととても落ち着きます。

ここにあるのは、愛情そのもの。

コミュ力が少ないなかで頑張って、お互いに近づいていった印。

そもそも私たち、目的があって私が集めた集まりでした。

少し特殊な仲良くなる過程があったんですね。

黒みどり曰く、入学当初から目つけてたらしいですけどw

 

さて、少し話がずれてしまいました。

つまり、愛情とは…

お互いのことを良く知り、そのすべてを愛し、受け入れることで生まれる感情。

であると言えるでしょう。

恋愛感情とは全くの別物であり、深く強いもの。

今の私は、これに満たされている。

 

なんか…中学生なのに…。恋できなさそうです。はい。

とにかく、私の中で腑に落ちたので良しとします(ダメ)

書いてる途中で黒みどりに「証明だけでも復習しなさい」って言われたんで勉強します。(母ちゃん…w)

ではでは、またテスト後に記事書きますね。

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

6月27日 ギター上手くなりたいアザラシ小町

初めまして、アザラシ小町です。

夢の話

こんにちは、初めまして。アザラシ小町と申します。

前ブログでは、アザラシ子として記事を書かせていただいていました。

URLは同じなので、「考えるアザラシ」を読んでくださったかたもいらっしゃるかもしれませんね。

 

さてさて、ブログ名からもわかるように、

私は将来「感じたこと」「考えたこと」「伝えたいこと」を、きちんと周りに伝わる形にできるような、

いわゆる「心の言葉化」に特化した幼児教室を開こうと決めました。

中学生の夢なんざ、すぐに変わるだろうさ。って思う方も多いと思います。

ですが、今からお話しする私の芯について理解していただければ、納得のいく夢だと思います。

 

 

私は14年間生きてきた中で、

人の持つ感情は複雑で、だからこそ怖いもので、自分自身でさえも知りえない、わからない領域

という概念が自分の芯になっていくのを感じました。

その中で、だんだんと自分の感情に愛着を抱くようにもなってきました。

私の持った感情は、私がしっかりと考えて生きてきた証拠なのだと。

その感情を嫌ってしまうのは、今までの自分の経験を否定することにも繋がるんだと。

ここに行きついた時に、

 

自分の心を好きになることに繋がる教育を作りたい。

人の心も好きになれるような子ども達を育てたい。

 

という想いが私の中で確立されました。

私が生きる中で精一杯の出来ること。自分を最大限に生かす仕事。

未来を担う子ども達に、なにかを残せるように。

 

こう考えたゆえの「心の言葉化に特化した幼児教室を開く」という夢なのです。(文章力が…)

 

 

何故、幼児教室かというと

先ほどの話にあった、自分の感情を好きになることを小さいうちに学んでおけば、この先知る沢山の感情を、暖かく自分に迎え入れることができるようになると思うからです。

14年間しか生きていない、ただの一人の中学生ですが、

この幼児教室を開校するまでの準備として、このブログで「心の言葉化」の練習をしようと思います。

拙く乱雑な文になると思いますが、よろしくお願いします。

 

5月18日 アザラシ小町

 

更新の頻度は、学生ということもあり不定期にさせていただきます。書きたい月はとことん書くので、ご理解お願いします。