夢を掴む幼児教室を開きたい中学生のブログ

1人の中学生が「人生って最高!」と言えるように毎日を考えるブログです。

My life is aiways happy

I recommend reading these!

何かを失った時にこそ、大切なものに気付くことができるから。

こんにちは、アザラシ小町です。

このブログを月一ペースで更新できていることに感動してます(本来もっと…)

さてさて、今回のテーマに移りましょう。

 

この記事の柱となる考えは、

「自分のもとを去っていく人がいることも、近づいてきてくれる人がいることも、全て何かの”縁”である。」

というものです。

実際、人間は生きていくうえで沢山の人に出逢い、別れていきます。

人生を「道」と例えるとすれば、たまたま道が一緒だった…とか、憧れの人の道を自ら歩きにいった…とか、そんなレベルです。

「通行人と通行人」最初は全員そんな関係で、

その中で、肩がぶつかって謝った…とか、転んで助けられた…とか、なにかのきっかけで「顔見知り」や「友達」になるのです。

 

そうして人と出逢う私達は、生きていく中でとても大切な人と巡り会うことがあります。

例えば、親友、恋人、師、後輩…。

この人とは、ずっと一緒にいたいな。と思える人が、周りにも何人かいると思います。

でも、お互いそれぞれの道を歩いているので、どうしても離れて行ってしまう時があります。

私はそういう時、あなたは、私になにを教えてくれただろう。と考えます。

この”縁”は、私になにをくれただろう。何のために、私達は出逢って、別れたのだろう。と。

人と出逢うことで、私達は悩み、時には泣いたり、温かくなったりします。

「ああ、この感情を知るために、”縁”は私達を出逢わせてくれたんだ。」

「ああ、この痛みを知るために、”縁”は私達を別れさせたんだ。」

考えると、全て意味のあることで、自分が成長するために欠かせないことだったりするでしょう。

 

 

私には、大切な友人がいます。

器の大きな、心強く、優しい人。

遠慮深くて、思いやりがあって、頼ることが苦手な人。

どちらも、かけがえのない”縁”で出逢った、守りたい友人です。

 

最近、私のもとから去っていった人たちもいます。

この人たちもまた、かけがえのない”縁”で出逢った人でした。

 

去っていかれて、悲しんでいる私に「大丈夫だよ」と声をかけてくれた。

失ったことで、大切な存在に気付くことができた。

 

何かを失った時にこそ、大切なものに気付くことができるから。

 

これを読んでくださった皆様が、大切な”縁”に気付くことができますように。

 

4月24日 中三になったアザラシ小町。